ホーム > スタッフブログ > ブログ > GMIガンステッドテクニックセミナーを終えて

GMIガンステッドテクニックセミナーを終えて

Dr.Diotteと大下明志D.C. 、そして熱意のある受講生が一体となり素晴らしいセミナーが無事終了しました。
何より2日間ずっと休む事無く講義と通訳をし、患者を診ていた2人にはとても感動しました!
シオカワスクールで間違いなくここ1年間で一番に盛り上がった熱いセミナーでした!!
本当にありがとうございました!

Dr.Gonsteadから直接教わりGMIとして研究を続け、最新のガンステッド理論・テクニック、40年の豊富な知識を基にしたケースマネージメントは、まさに本物だと感じた事でしょう。

そしてDr.Diotteがオープンクリニックである初診患者へアジャストメントを行い、私はその方へ塩川カイロプラクティック治療室で初診患者へ実際に行っている患者教育を行いました。
その方は慢性的な肩こりが主訴であり、定期的に整形外科と整体へ通われていました。

説明をする前に第一声が「今まで色々な治療を受けてきましたが、初めてカイロプラクティックを受けて“これしかない”と思いました。」とおっしゃいました。
患者教育する前に身体から理解して頂けたので、とても説明しやすかったです。

この出来事は普段から治療室で、塩川満章D.C.や塩川雅士D.C.の初診患者にもよくある事です。
もちろん実際に臨床を持っている先生方の中には体験した事がある方もいる事と思います。
学長はよく「患者を触っただけで良くなっちゃった!」と言いますが、それは冗談ではないと思います。

この経験を通してDr.Diotteも学長や副学長と同じように、哲学・科学・芸術をもった本物のカイロプラクターであると確信をしました。

この素晴らしいカイロプラクティックを日々追究し続けていきましょう!

DSC_0538

DSC_0544

DSC_0188

コメントは受け付けていません。

Back to Top
  • 塩川カイロプラクティックオフィス(赤坂見附)